バイオリンコース

sheermusic facebook ページ

ワンポイントレッスン

上達のコツ。

練習するうえで、爪の手入れには気を配りましょう。楽器をさわる際に爪をちゃんと切った状態で練習するかどうかで、後々大きく変わってきます。爪が長いと弦を押さえる指の形も変わり、その状態を覚えてしまうと、新しい技術を身に付ける際にクセが邪魔となって大変苦労します。指先のメンテナンスはこまめに行っていきましょう。

ページTOPへ

意外と知らない楽器のこと。

バイオリンの弓は、実は馬の尻尾の毛で作られています。電子バイオリンでは一部化学繊維が使われていますが、ほとんどが伝統的に馬の毛が使用されています。バイオリンは歴史のある楽器なので、レッスンでは楽器の成り立ちなどもお話しながらより深く学んで頂きます。

ページTOPへ

始める前の豆知識。

バイオリンはアゴと肩の間に挟んで演奏します。ですからあまり最初からやりすぎると首元を痛めることがあります。やはり自分のペースで継続することが一番大事ですので、そんな時はこまめに休憩を取りながら少しずつ練習していきましょう。

ページTOPへ

応用できる裏テクニック。

技術を高めることも大切ですが、最初は楽器についても把握するようにしましょう。上達する上では、「楽器を育てる」という考え方も大事です。購入したての楽器はなかなか思うように音が鳴らないことがありますが、原因は楽器自体が振動することに慣れていないからです。回数を重ねるごとに弦や本体が響くようになっていきます。経験によってレベルが上がるのは、人だけでなく楽器にも言えることなんです。楽器と一緒に成長するという感覚を大事にしてくださいね。